LINK
いろいろあるキャッシングサービスの審査基準の立場から比較してみると、その審査もまた多種多様であるということが考えられます。一言でキャッシングサービスと口々にいっても、銀行系のものであったり大手のキャッシング会社のものであったり、また独立系のものなどが存在します。キャッシング業者を検証した際、当然ながら審査基準がゆるい会社通りづらい会社に分かれてしまいます。まず初めに、合わせてお金を借り入れる会社は、三社が判定の目安と考えられます。借り入れ数が三社以内で、借り入れ金額が年収の3分の1以下であれば、金融機関系でも審査基準をクリアする確率は高いといえます。銀行はたいてい借りたお金に対しての利子が低く設けていますので、利用するならそちらのほうがよいでしょう。借り入れ件数が万が一お金の借入れ件数が4件を超えている場合は、銀行は難しくなるでしょう。ですが、2006年の出資法等や貸金業規制法の法改正により、利息が下げられ、金融機関ではキャッシングの審査が難しくなってきている傾向にあるのです。金融機関系でも、一段と審査項目に関して慎重になってきているということです。また審査のゆるい会社と有名な企業でも、闇雲に手続きに申し込めばよいということでもないはずです。もしも、先にそのキャッシング会社に当たって情報を調査せずに申込みをして、審査基準をパスしなかった場合、その個人情報は個人信用情報機関に保管され、信用情報機関に保管されるのは3ヶ月から6ヶ月ですので、その時間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうことになります。汚れたからといって即座に借りられないというわけではでないですが、その情報を閲覧する会社の審査には、当然影響があるといっていいでしょう。割に幾分甘いといわれている審査を持つ会社でも、そのことによりキャッシングを受けられなくなることも発生するかもしれません。