LINK
融資を受けた場合、返済自体をする時には利子分を含めての支払いになるのは周知の事実です。カード会社は利益を目当てとした会社なのですから当然です。ですが支払う方は、わすかでも少なく返金したいというのが本心でしょう。利息制限法が実行される以前は年30%近い利子返していましたが、設けられてからは高金利でも年間18%位といくぶん低く決められているので、相当お得になったような気がします。最近のローンキャッシングの利息幅は4%位から18%位の枠に決められていて、利用可能額により設定されます。利用可能額は借り主の査定によって決まります。総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、収入がいくらなのか?どのような職業なのか?カードの使用状態はどうなのか?などが審査され与信額としてクレジットカードの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合使用可能額が10万円〜800万円(各企業で内容は変わります)と広い幅があります。そしてその幅の中で決まった利用できる金額により利率も決まってしまいます。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら4%といった感じになるはずです。結局、評価が高評価であれば、与信限度額も良くなり、金利も低くなるというわけです。この利子に疑念を受けるのは私しだけでしょうか?余談となってしまいますが、カード業者にとって、これらは当然でしょうが、年の収入の多い人がお金の借入れが不可欠とは考えずらいですし、仮にキャッシングサービスを利用した時でも利子がどうであるとお金の返済に追い込まれる事はないと思います。逆に年の収入良くない人は直ぐに必要だから借り入れを行うという方が大抵です。金利が良くないと支払いに追われるなるはずです。ですので使用可能範囲の良くない人こそ低利率で使用できるようにするべきなのではないでしょうか。この考えは使う自分が置かれている立場としての考えとなります。この事を考えると、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、ぼんやりと感じたのではないでしょうか。現実、これから述べる方法で、手続きを申し込む人が大勢いるので説明しますと、カードローンの手続きに申込みをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円で申し込み、カード審査で全金額通ればその分利率が低いクレジットカードを手にすることができるはずです。であってもMAXギリギリまで使用しなければならないわけでもないのです。10万円でも40万円でも必要な分だけの利用ができます。そのうえ上限利用枠が300万円で最低金利年7%位のローン会社も存在しますので、その会社に申し込めばその会社の最低金利で使用できます。どうでしょうか?考え方を変えるだけで低利率のカードローンを手にすることが出来るはずです。自分の年収と金融会社の利子を並べて、検討する事に時間を掛ければ、より良い契約でお金の借入れができるのですから、面倒だと思わず確認するようにする必要があります。